FC2ブログ

Don't Let Me Be Lonely Tonight / James Taylor

今回もしみじみとした曲を紹介いたしましょう~



“Don't Let Me Be Lonely Tonight”







アメリカのシンガーソングライター、ジェームステイラーのこの一曲。



「今夜私を一人にしないで」



乙女かww  



いいえ、違いますおじさんです笑



冗談はさておき、ジェームステイラーはあのビートルズが契約していたアップルレコードと契約をしていた時期



があったそうです。



しかし、アップルレコード内での騒動や自身の交通事故により、契約は打ち切られてしまいまいました。



後にアメリカに戻り、ワーナーブラザーズと契約を結び、ヒットするのですが、彼の人生には多くの絶望があった



みたいです。 



詳しくはぐぐってくださいましww



そんな彼の人生を知ると、この曲の歌詞はより響いてくるかと思います。



苦難を乗り越えたおじさんの声、、、、



これはこれでもちろん、素晴らしい曲なのですが、この曲はThe Isley BrothersやEric Claptonなどかの有名なア



ーティストによってカバーされています。



僕はThe Isley Brothers からこの曲を知ったのですが、是非彼らのカバーも聞いてみてください!



なんだカバーかって思うことが思われるかもしれませんが、カバーほどアーティストの真髄をみれる面白いものは


ありませんよ!












ん~~~どれも味わい深い。。。
スポンサーサイト



tag : James Taylor ジェームス テイラー アイズレー エリック クラプトン

Soul To Squeeze / Red Hot Chili Peppers

今日も更新しますよ!



今日はレッチリ!! 二回目のレッチリ!!



今後レッチリさんは何度も記事になるかと思いますがあしからずw



趣味で始めたブログとはいえ、世にレッチリの素晴らしさを伝えようではないか笑



今回はこの曲↓
“Soul To Squeeze"







何といってもこのLive映像です!



ジョンがギターと一体になっています、まさにSoul to Squeeze......



イントロからノスタルジックな感じが伝わってくるこの曲、歌詞は何となくUnder The Bridgeと同じような匂い?



がします~



魂を握って離さない、、、、、








絵文字使ってみましたwww




ちなみにこの曲のPVがこちら→“Soul To Squeeze PV"



このPVにはジョンが出演していませんが、それはジョンが脱退したあとに撮られたPVだから出そうです。



うーむ、なんともノスタルジックな、、、、



blood sugar sex magikblood sugar sex magik





Summer Breeze / The Isley Brothers

第1回から10日も経っていました!



不定期とはいえスローペースですかね笑?



さて、今回はThe Isley Brothers のバラード曲を紹介します。



バラード続きですがあしからず笑



Summer Breeze










The Isley Brothers は僕が初めて聴いたアメリカのソウルファンクバンドです。



夏休みももうすぐ終わりということで、“夏”な曲を。



夏いえば暑いぜロックだぜファイヤー!!!! でアップテンポな曲が多い気がしますが、、、



この曲は暑い夏に吹くそよそよとした涼しい風のイメージです。



Summer Breeze 直訳すると、夏のそよ風ですね。



とはいえ、ギターソロはアツいのですがw



The Isley Brothers といえば、



ゴスペルなボーカルと美しいメロディ、アーニー・アイズレーのかっちょええソロ、それとクサい歌詞、、、w



クサい歌詞といってもそれがいいのです~



The Isley Brothers がまだ売れなかった頃のギタリストはあのジミ・ヘンドリックスだったそうです。



アーニー・アイズレーのソロを聴いているとどこかあのジミヘンを感じさせるのはそういうことなのです。



The Isley Brothers は紹介したい曲がたくさんあるので、また紹介したいと思います。



今回はこの辺で。



次回は、、、、、、、、、まだ決めていませんw



3+33+3

tag : 音楽 ソウル ファンク ブラックミュージック

Under The Bridge / Red Hot Chili Peppers 

記念すべき第1回目に紹介する曲はこの曲!



“Under The Bridge” ←リンクになっています!







僕が大好きなバンド、Red Hot Chili Peppers のバラード曲。



我敬愛するギタリスト、ジョン・フルシアンテ作曲のこの曲は、



ボーカルのアンソニー・キーディスが当時バンド内での確執や自身のドラッグ中毒



から感じた自身の疎外感や孤独感を歌ったものです。



自分をなぐさめてくれるのは、この街なのではないか。



この曲の歌詞を知ってから、自分が長年住んでいる街を散歩すると



見慣れた景色とはこうも心を落ち着かせるのかと、しみじみ感じました。



ちなみにこの曲の歌詞の Under the bridge downtown とは



アンソニーがドラッグを買っていたところだそうです。



ジョンのギター、フリーのベースライン、すごいなぁすごいなぁすごいなぁ~~~~~



Red Hot Chili Peppers が大好きなあまり記事が暴走しないよう気を付けますw



是非歌詞をご覧になって聴いてください!



次回はThe Isley Brothers というソウルファンクなバンドの名曲を紹介しようかと思います。



blood sex sugar magikblood sex sugar magik

tag : 音楽 ファンク バラード ロック レッチリ Red Hot Chili Peppers

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Profile
毎日を彩る素敵な音楽を紹介します!

TaNuCat

Author:TaNuCat
Hi!

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
スポンサー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
14775位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バンド
859位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
スポンサー