スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Don't Let Me Be Lonely Tonight / James Taylor

今回もしみじみとした曲を紹介いたしましょう~



“Don't Let Me Be Lonely Tonight”







アメリカのシンガーソングライター、ジェームステイラーのこの一曲。



「今夜私を一人にしないで」



乙女かww  



いいえ、違いますおじさんです笑



冗談はさておき、ジェームステイラーはあのビートルズが契約していたアップルレコードと契約をしていた時期



があったそうです。



しかし、アップルレコード内での騒動や自身の交通事故により、契約は打ち切られてしまいまいました。



後にアメリカに戻り、ワーナーブラザーズと契約を結び、ヒットするのですが、彼の人生には多くの絶望があった



みたいです。 



詳しくはぐぐってくださいましww



そんな彼の人生を知ると、この曲の歌詞はより響いてくるかと思います。



苦難を乗り越えたおじさんの声、、、、



これはこれでもちろん、素晴らしい曲なのですが、この曲はThe Isley BrothersやEric Claptonなどかの有名なア



ーティストによってカバーされています。



僕はThe Isley Brothers からこの曲を知ったのですが、是非彼らのカバーも聞いてみてください!



なんだカバーかって思うことが思われるかもしれませんが、カバーほどアーティストの真髄をみれる面白いものは


ありませんよ!












ん~~~どれも味わい深い。。。
スポンサーサイト

tag : James Taylor ジェームス テイラー アイズレー エリック クラプトン

Soul To Squeeze / Red Hot Chili Peppers

今日も更新しますよ!



今日はレッチリ!! 二回目のレッチリ!!



今後レッチリさんは何度も記事になるかと思いますがあしからずw



趣味で始めたブログとはいえ、世にレッチリの素晴らしさを伝えようではないか笑



今回はこの曲↓
“Soul To Squeeze"







何といってもこのLive映像です!



ジョンがギターと一体になっています、まさにSoul to Squeeze......



イントロからノスタルジックな感じが伝わってくるこの曲、歌詞は何となくUnder The Bridgeと同じような匂い?



がします~



魂を握って離さない、、、、、








絵文字使ってみましたwww




ちなみにこの曲のPVがこちら→“Soul To Squeeze PV"



このPVにはジョンが出演していませんが、それはジョンが脱退したあとに撮られたPVだから出そうです。



うーむ、なんともノスタルジックな、、、、



blood sugar sex magikblood sugar sex magik





Cosmic Girl / Jamiroquai

12日ぶりの更新。



趣味で始めたブログですが、もっとアクセス欲しいなー、と(笑)



さて、今日はJamiroquaiいきます~



“Cosmic Girl"










Liveバージョン!!



この曲のおしゃれ~ギターのカッティングが好きです。



ぶんぶんぼんぼんいっているベースもなんとも心地よい響きです。



Jamiroquaiのボーカルと言えば、このインディアン?みたいな帽子ですね笑



特注なのかなやっぱり笑



ところで、バンド名のJamiroquaiの意味は、



Jam=Jam session (即興演奏)  Iroquois=イロコイ族(北米インディアン)



イロコイ族とセッションするという意味らしいです。



イロコイ族は、自由・平等を求める民主主義の思想を持った部族で、その思想に共感して



バンド名としたらしいです。



帽子はつまりそーいうことでしょうw



Travelling With Out MovingTravelling With Out Moving

tag : Jamiroquai ジャミロクワイ アシッドジャズ

Bring It On Home / Led Zeppelin

一週間ぶりの更新となります今日は、あの偉大なるロックバンド、Led Zeppelin のこの曲を紹介します!



“Bring It On Home"







Zeppelin といえば、ジミー・ペイジのリフが印象的ですね!



この曲のリフもまた思わず頭を振り回したくなるようなかっこいい~~~リフです!



冒頭からブルース調でなんだぁ~~~と思わず、その後の展開を待ってください(笑)!



初めて聞いたときはどひゃああああああってなります(笑)www



ところでこの曲は、YouTubeでレッチリの動画を漁っていたときにジョンが弾いているのを聴いて初めて知ったので



すが、その動画は見つけることができませんでしたwww



今日はこのへんで




My Forbidden Lover / Chic

忙しくなってきてなかなか更新できなくなってまいりました、、



今日はこの曲!



“My Forbidden Lover"







1970年代後半のディスコブームを牽引したバンドの一つ、Chic(シック) というファンク・ディスコバンドです。



ディスコブームの終焉と共に影が薄れていきましたが、中心メンバーであるギタリストのナイル・ロジャース、ベ



ーシストのバーナード・エドワーズはプロデューサーとして多くの有名なアーティストをプロデュースしました。



ナイル・ロジャースと言えば!! とてもリズミカルなギターカッティングの名手です!!



思わず踊りだしたくなるような正確かつ躍動的なカッティングに魅了されること間違いなし!



“神カッティング”



上のリンクの動画は、セッションからMy Frobidden Lover に入るのですが、そのセッションでナイルのかっくいい



カッティングが見れます!



バーナード・エドワードのベースも非常にかっこいいので、興味があるかたは調べてみてくださいな←



ディスコ、、、音楽とダンス?表裏の関係ですよね。



思わず体が動いてしまうような音楽、それがファンクだと思います~



では、また次回。




The Very Best Of CHICThe Very Best Of CHIC




最新記事
カテゴリ
最新コメント
Profile
毎日を彩る素敵な音楽を紹介します!

TaNuCat

Author:TaNuCat
Hi!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
スポンサー
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
リンク
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
15340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バンド
909位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
スポンサー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。